2017年3月20(月)春分の日
ヤカイ沢の本谷源流部を滑るため、昨春寡雪の中ミニスキーを背負って登った群馬新潟の県境にそびえる平標山に、再び行って来ました。
昨年の記録はコチラ
ヤカイ沢以外のルートで登ってみたかったのですが、スキーのシールでは急斜面を登ることができないことが分かってきましたので、最も登行斜度の安定した一般的なヤカイルートでゆきます。
(復路後半部はGPSログが飛んでいますが往路を辿りました)

8:00登山口の火打に到着。
17号路肩の駐車スペースは十数台の車が止まっており、登山者駐車場に行ってみると除雪されておりガラガラでした(シーズン中は有料ですが、この時期は無料です)。
スキーに簡易ワックスを掛け、シールを貼り、シールワックスを掛けてザックに取付ければ準備完了。
スマホアプリのコンパスから登山届けを出し、8:20出発します。

別荘地を抜けるまで板は背負います。
写真の左前方から雪の中を突破することも可能ですが、ラッセルが困難なので一旦右前方の国道17号に出てから別荘地を進みます。
別荘地内は除雪されており、10分程度の良い準備運動になります。
除雪終了地点で板を装着。
昨夜降雪があったようですが、先行者がおりトレースばっちりです。
8:50ヤカイ沢入口に到着しました。

直進となる平元新道へのトレースはありません。
左へのトレースを辿り、ヤカイ沢へと入ります。
昨年より雪が豊富で藪が少なく歩き易い。
しかも今回オニキス(テックビンディング)をファットで重いワテアから普通のスキー板であるサロモンX-DRIVEに移植したので、軽くなりました。
適度な緩斜道を進むと、やがて平標山が見えてきました。

まだまだ本谷も雪たっぷりです。
ここで休憩を取っていると、後ろからスキーヤーが登ってきました。
この後、この方の後ろを追ってゆきますが、どんどん引き離され、自分のシール登行の遅さを痛感します。
なお、本日お見かけしたハイカーは十数名で、半分以上がスキーでした。

昨年は中間部の尾根の右側から沢に入りましたが、今回はトレースに従い尾根の左側から奥に進み取り付きます。
こちらの方が斜度が安定しています。
ですが、途中からトレースの斜度がきつくなり、私のシール(MONTANAのMONTAMIX)では登るのが困難になったので、ジグ切りのラッセルが始まりました。
これも結構疲れるので、板を背負ってのつぼ足をチャレンジしたところ、軽く締まった雪に足が膝まで潜り、やはり板を履いた方がまだましだと、そうこうしている内に尾根上に出ました。
これ以降は雪が締まり斜度も安定します。

一旦尾根上を進み、その後尾根左側のクラスト斜面をトラバースぎみに登ると、やがて11:40山の家尾根と合流しました。

下方に山の家を確認。
西側には苗場スキー場が見え、良い景色。

尾根上は風が強めで、仙ノ倉山を見ると雪煙で荒れていました。

実は今回、あわよくば仙ノ倉まで足を延ばそうかと、登山届けを仙ノ倉で出しておきましたが、風の寒さによりこの時点で平標山を終点に決定しました。
そして残り僅かの平標山頂を目指します。

登っているとスキー下山者3名ほどが降りてゆきました。
やがて12:10山頂に到着です。



山頂では、スキー先行者2名がそそくさと滑走準備を整え、往路である山の家尾根を滑ってゆきました。

本日、本谷源頭を滑る人は少ないようです。
山頂は風が強くて寒いので、急いでシールを剥がし滑走準備を進めます。
ビーコンの電源をONにして、ドロップポイントである松手山方面の鞍部まで滑り降ります。

鞍部まで降りるとピタッと風が止みました。
その日の風向きによるのかもしれませんが、準備や休憩は鞍部が良さそうです。
小休止を取って、12:27滑走開始。

上から眺めると、なかなかの急斜面。
上部にうっすらグラインドクラックが走っており、まずはクラックが完全になくなる左側へと回り込みます。
斜面はノートラックでまっさら。
雪崩ないか不安が募ります。
はじめは左側の尾根に逃げられるよう、左に寄りながら雪の状態を確認しながら滑ります。
鞍部までクラストぎみでしたが、斜面に入ると柔らかく深い雪。
少しずつエッジを強くしてゆきますが、スラフが発生する気配はありません。
ということで、雪崩を警戒しながらも思いっきり滑りました。

そして途中で一度転倒して、10m上部に取り残された板とストックを回収するのに、多大な時間と体力を費やしながらも、なんとか往路との合流地点まで滑り、そこから林道を流します。
13:00にヤカイ沢入口に到着し、山頂から30分強の滑走を終えました。

バテバテの中、スキーのまま林道を漕ぎ、別荘地に入ってからは道路脇の僅かな雪と傾斜で、国道近くまで楽できます。
最後は板を外し駐車場まで歩くと、13:20無事に帰着。

コンパスへ下山届けを提出して、山行終了となりました。

今回は、1年前から念願だったヤカイ沢本谷源頭部を滑ることができ、有意義な山行となりました。
ただ一つ残念なことがあり、滑走前にブーツの踵固定をし忘れてウォークモードで滑ってしまい、折角の山斜面での板やブーツの性能を確認できず、また充分に楽しめなかったこと。
往路と合流した後、ウォークモードにしようとした際に気付きました。
今後は滑走前に要チェックです!

平標山 ヤカイ沢源頭部の滑走


Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。