2016年4月6日(水)
いよいよ春山シーズン到来です!
群馬県と新潟県の県境に位置する平標山(1983m)に行って来ました。

以前から狙っていた残雪期のヤカイ沢滑走。
なかなか日程が取れず4月に入ってしまい、寡雪の今シーズン、ヤマレコを拝見すると融雪がかなり進行し、そろそろ限界・・・
天気予報をチェックしていたら、6日は高気圧に覆われ絶好のラストチャンスだったので、休暇を取り出発しました。

5:40登山口駐車場に到着すると先着2台の車があり、いずれも出発準備中でした。
本来有料の駐車場は無料期間のようですが、トイレや自販機は使えません。
トレッキングシューズを履き荷物の最終確認後、6:10出発。

半年ぶりの山行なので、体がなまりまくっています。
しかもショートスキーとスキーブーツが入ったザックは、テント泊並みの重量級。
ゆっくり無理をせず「行ける所まで」を肝に銘じ、平元新道登山口方向へと歩き出します。

辺りは雪が点々と残っているだけで、少々不安になります。
別荘地抜けて橋を渡ると左に分岐する舗装路がありました。

ここがヤカイ沢に入る道かと思い、左折しました(が実は間違いで、正しい入り口は100m先にあります)。
数分舗装路を進むと、行き止まりに。
元々今回のルートはバリエーションなので、ここからヤブに突入しました。
右手の尾根に近づきながら10分程歩き難いヤブを進むと、明瞭な登山道を発見!
ここで入り口が間違っていたことに気付きました。

10分程歩くとやがて道は行き止まり、右の小川を飛び越えて再度ヤブに突入します。
ここから先は雪が繋がっており、帰りはここまで滑って来れそうです。

ヤブを避けつつ雪上を歩くと、視界が開け平標山とヤカイ沢が見えて来ました。

ネットでよく見た真っ白の写真とは異なり、かなり雪が無くなっています。
あの沢はもうダメそうです。

7:10急谷の下部に到着。
モンベルのチェーンスパイクを装着しました。

初めて履きましたが、なかなか良い感じです。
脱着は片足10秒、歩行中外れてしまう不安は皆無。
そこそこ急斜面でも歩けます。
但し前爪は無くつま先部のグリップが弱いので、斜面に対し常に、足裏全体をフラットに踏まなければなりません。

谷に入ってゆくと、徐々に傾斜がきつくなります。
時々、踏み抜きます。

傾斜がきつく足が攣ったので、右の尾根に取り付きます。
尾根上は最初のうちは熊笹が茂ってましたが、少し登ると適度な傾斜の明るい道となりました。

半年のブランクにより、早くも足が重くなりペースを落とします。
尾根を進むと8:30開けた場所に出て、視界が広がりました。

振り返れば上越国境の山々が見渡せ、とても気持ち良い。
進行方向も、しっかり視認できます。

このまま尾根を進み、右に延びる山の家尾根と合流します。
ですが雪解けにより、所々尾根上のブッシュに阻まれ、左斜面に巻かざるを得なくなります。
合流まで残り数百メートルの地点で、激ブッシュによりとうとう登れなくなりました。

あまり尾根から離れないよう左へ左へとトラバースしながら、ブッシュの薄い場所を探します。

上がれそうな場所を見つけ少し登ってみるとブッシュに阻まれて、アップダウンを繰り返しながら左へのトラバースを続けていると、両足とも攣りまくりの状態に・・・
頻繁に休憩を取ります。
休んでいると、松手山の稜線上を動く登山者が4人ほど見えました。

諦めて滑り降りようかと考え出しましたが、少し休むと元気になります。

ブッシュを避けて急斜面を上がると、9:50なんとか開けた尾根上に出ることができました。
そしてまもなく山の家尾根に合流です。

そこは山の家と山頂の中間地点で、鞍部に山の家を確認。
ここまで来れば一安心。
山頂まであとわずかです。

春の息吹を感じる残雪の緩斜面を登りきって、10:30無事登頂しました。

山頂に雪は無く、誰もいません。
松手山方向から向かって来る登山者が二人ほど見えます。

CIMG4175

北面は滑りやすそうな斜面が続いています。

CIMG4176

仙ノ倉山も融雪進んでいます。

ぐるっと360°景色を堪能し、山頂は風が少し強いので来た道を少し下り、ランチタイムにしました。
今日はチリトマトヌードルとおにぎり!

 

ULTiトレックテーブル

テーブルは世界最軽量のULTiトレックテーブル
それにULTiスクリーンテーブルの改良試作品を持って来ました。

ガスでも風に吹かれると、なかなかお湯が沸かないものですが、斜面下方から吹き上がってくる風をブロックし、アツアツのヌードルをいただくことができました。
なお、テーブルの脚は山側2本を雪面に突き刺して、斜面に建つ別荘のような状態です。

ウインドスクリーン

そしてスクリーンテーブルの改良点は、サイズを数ミリ小さくしてチタンのテーブルとスタッキングできるようにしました。

ULTiスクリーンテーブル

これは以前ご購入頂いたあるお客様からご要望のあった改良で、今回テストもクリアしたので、近々発売致します。

ULTiトレックテーブル

雪山の雄大な景色を眺めながらの最高のランチタイムを楽しんだら、今度はスキーです。
スキー板を出していると、山頂から二人のパーティが降りて来ました。
(今日お会いした登山者はこのパーティだけでした)

スキーブーツに履き替え、板を装着。
板は現在STCが製造しているスキーベンチャーの旧モデルとなる、ロシニョールのフリーベンチャーです。
シールとクトーも持って来ましたが、結局出番はありませんでした。

フリーベンチャー

11:30今日唯一のオープンバーンにドロップ♪

気持ちよく滑れました。

往路のブッシュ地帯に入ってゆきます。

下って行く時、もっと良さそうな斜面がいくつかありましたが、下の状態がわからず、進めなくなる危険があるため、往路を戻ります。
しかしやはり、ブッシュ地帯はかなり苦労しました。
板が短かったので、なんとか脱出できましたが、もし長い板だったら外して降りることになっていました。
(余裕がなく写真を撮り忘れ・・・)

中間ほどまで滑ってきて、一息つきます。

ヤブの小枝攻撃が激しく、両腕とストックでガードしながら、なんとか安全地帯まで降りてきました。
雪は朝よりだいぶグサグサになっています。
なお、ここまでの斜度はスキー場に例えると、中上級者コースのような感じです。
(写真の場所は中級者コース)

攣りかけの足を充分回復させた後、出発。
最下部は春の陽気で雪が解け、朝よりヤブが増えている感じでした。

そして12:30、登山道末端に到着してスキー終了。

スキーからトレッキングシューズに履き替え、小川を渡って登山道に出ます。
振り返ると、青空に映える春の平標山が見えました。

登山道を下り、正規の入り口を確認します。

↑ここが正しいヤカイ沢の入り口でした。

別荘地前を通り、13:10駐車場に無事帰着。

車は増えて10台ほどになっていました。

今回、時期が遅く雪が少なかったので、状況を確認しながらのヤカイ沢ピストンしか選択肢はありませんでしたが、来年3月頃機会があれば、松手山から平元新道も回ってみたいところです。

これから夏のアルプス縦走に向け、少しずつ体力をつけてゆかねばと思いました。
なお次の日、筋肉痛がいかほどであったかは、言うまでもありません。

平標山 ヤカイ沢 山スキー


Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。