2017.3.4(土)
谷川岳の西黒沢を滑りに行って来ました。
今回はこれまで山行とは異なり、初の本格的山スキーになります。

日本列島が高気圧に覆われ、天気最高の一日となりました。
実はこの日、かぐらスキー場のバックカントリーでスキルを磨くか、西黒沢に挑戦するか、直前までかなり悩みました。
みなかみインター手前の下牧パーキングで7:00を過ぎ、雪崩ネットワークの本日の雪崩予報が更新されると、危険は少なそう。
これから3月下旬にかけてクラックが増えてゆくし、今日を逃すと西黒沢は来年に持ち越しになってしまうかもしれない。と思い、意を決してみなかみインターを降りました。

センター6階のリフト券売り場は空いていました。
今日は下山後に少しゲレンデで練習しようと、1日券を購入。
しかしゴンドラを降りると、スノボの大会のため沢山の人だかり。
リフトに並んで天神峠までラクしました。
9:20リフト降り場からスタートです。

青空に谷川岳がクッキリ見えて最高です。
まずは、人が集まっている小高い丘まで滑ります。
そこまでゆくと、天神尾根まで降りる登山者用のコースがあります。
最初のキツイ急登をパスできて、なんとも幸せです。

尾根まで滑ると登りになるので、板を背負います。
気温が高く無風で暖かいので、ジャケットも脱ぎました。
なだらかな登りを進むと、例の危険箇所。


といっても、今日は安全な道となっていました。

そして10:00熊穴沢避難小屋。
1月に来た時より深くに埋まっています。

ここから急登。
春の陽気に汗が噴き出します。
今回は長いスキー板(2本で6kg以上)を持ってきたので、足への負担も増大。
シール+クトーで登高しているスキーヤーがちらほら見受けられましたが、まだシールしか持ってない私は担ぐ他ありません。
なんとか頑張って岩場まで登り一休み。

汗だくのグローブを脱いで、手を冷やします。
下も上も登山者が連なっています。

10分程休み頑張って登ります。
肩の小屋手前の最後の急登を登っている時、単独(らしき)スキーヤーと少し会話しましたが、万太郎谷を土樽まで滑るとのこと。
ご一緒させて貰いたい気持ちが少し湧きましたが、今日はやっぱり西黒沢を滑っておきたかったので、小屋の側でお互いの安全を祈り別れました。

そこから5分で、11:30谷川岳トマの耳に登頂。


しばし絶景を堪能します。


今日もオキの耳はパス

西黒尾根からマチガ沢へ滑った跡がありました。

山頂は狭いので、道標まで降りて休憩&滑走準備をします。
板はフィッシャーのワテア114で、ビンディングはG3のONYX(オニキス)。
今年中古品を入手し数回練習済みです。

太くて重いので、小回りや機敏な動きはできませんが、悪雪に強く、ボコボコした深雪でも足を取られ難い安定感がある印象です。

さて、ビーコンをONにしメットを被り、ドロップポイントまで移動。

そして12:04ドロップイン!

20分間の滑走記録ノーカット版(途中早送り)をどうぞ♪

肩の広場はとても気持ちの良いゲレンデです。

広場を過ぎると、徐々に斜度がきつくなりデブリ地帯になってきます。
最大斜度は最大45°オーバーと思われ、神立スキー場のオリオンコースよりやや急な感じ。

登りで蓄積した疲労と重いスキー板により足がパンパンで、ターンがすぐ途切れて休み休み降りますが、雪崩が怖くて危険地帯では、あまり止まれません。
上方からの雪崩が来ていないか、何度も後方をチラ見しながら滑りました。
さらに途中にはクラックが!!

緊張の連続で体力を使い果たした頃、熊穴沢出合いにて急斜面が終了しました。
あとはユッタリ流すだけと気が抜けた時、雪面から僅かに頭が飛び出た岩に左足が掛かり転等。

幸いソールに大きなダメージはありませんでした。

下部はまだ沢が露出しておらず、危険箇所がなくスキー場の田尻沢下山コースに合流。
そして、12:24無事に駐車場まで下山完了。
山頂からわずか20分で下山できました。

いつかは挑戦したいと夢見ていた西黒沢を滑走でき、大満足な1日でした!
ですがここは雪崩やクラックへの落下等のリスクが多々あるので、再度一人では滑りたいと思いません。
やっぱり安全に楽しめる山行がいいですね♪

なおこの後、車で大休止しレストハウスで山菜うどんをいただき、板を履き替えてゲレンデで練習しました。
少し日が傾いた天神峠から西黒沢を眺めると、「あんな所滑ったのかぁ・・・」と感慨深いものがありました。

 

 

谷川岳 西黒沢本谷スキー


Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。