みなさんは日帰り登山で、クッカーやバーナー等の火器を持っていきますか?
私は長時間のロングコースでは軽量化のため省略しますが、そうでなければ山頂でカップラーメンやホットコーヒー等のランチタイムを楽しむため、大抵は持ってゆきます。

ちなみに日帰りに限らず、テント泊でも必ず持っていくクッカーは、エバニューのチタンカップ400FD。
チタンカップ400FD
ULハイカーの間で大人気なだけあって、とても使い易いカップです。
何がというと、まずコーヒーカップの形状で持ちやすく飲みやすい。
それでいて容量が400ml入るから、カップ麺のお湯まで沸かすことができ、普通の縦長マグカップよりも底が広いからバーナーのゴトク上で安定感があり、炎をよく受け止めるから熱効率も良い。
そして最大の長所は、110ガス缶(小型缶)がスッポリ収まるところです。

・チタンカップ400FD 50g
・110ガス缶     200g
・バーナー      70g
を合わせて合計320gを持って行きますが、そこそこ重さがあるので車に置いてゆくこともしばしば・・・
ツェルトと同様に非常用装備でもあるため、必ず持ってゆくべきなのでしょうが、長時間の山行では320gが悩ましいところです。

そこで、以前から気になっていた「アルコール」と「固形燃料」について調べてみました。
結論から言うと、日帰り登山では固形燃料が軽量で使い易いようです。

アルコールは、ストーブと燃料容器を別々に持参して、現地で注いで着火。
ガスに比べて無駄な空缶が出ない、燃料が安い、炎が美しい等の利点があるものの、扱いが少々難しく、また明るいと炎が見えないので危険(事故の事例もあり)とのこと。
上手に使いこなせれば、長期テント泊縦走や海外遠征などで利点を発揮できるようですが、日帰りランチの湯沸しでは、重量や手軽さの観点から固形燃料がベストなようです。

そして固形燃料のストーブとメタ(固形燃料)を詳しく調べることに・・・

まず目に付いたのは、数社から販売されているポケットストーブです。
折りたたみ式であり、また燃料込みでも安いので、とりあえず買ってみようと思いましたが、商品情報やネット上のレビュー等を見て次の事項が分かり、一時保留しました。

・トランギアのメスティン(四角のクッカー)にはスッポリ入るが、大きいのでチタンカップ(400FD)には入らず嵩張る。
・材質がスチールであるため、繰り返し使用するとサビサビになる。
・ストーブ本体が85gと、やや重め。
・風に対し無防備なため、山で使う人はアルミ箔等での防風対策を施している。
・付属のメタは煤が発生し、また追加購入の際の燃料単価が高め。

普段から使う訳ではなく、重さをさほど気にしない「災害時の防災グッズ」としてはとても魅力的な商品ですが、毎度山行で使用するには適していないように感じます。

なお、様々な固形燃料を詳細に比較評価されている記事を見つけました。
固形燃料比較記事
また、ネット上のレビュー等を見ても、固形燃料を常用している登山者は、煤が出ず低コストであり且つ入手が容易な100均タイプの固形燃料を使っている人が多いようです。

他にもチタン製の超軽量なメタストーブが販売されているのを見つけましたが、燃料の台座が小さくて100均タイプを載せることができず、また風に対して完全に無防備なので、強風が吹くと火が消えてしまうようです。

そこで、山専用のメタストーブを自作することにしました。
作る上でのポイントは、
・材質は超軽量で錆びないチタニウム
・チタンカップ400FDに収納できる
・耐風性が高い
・100均タイプの固形燃料が使える
・できるだけ軽い
・できたらプチ焚き火も楽しみたい

そして、これらを網羅したメタストーブが完成しました!!
ULTiメタストーブ
最初は組立式を考えましたが、強度や耐久性が乏しくなるのと、現地での組立・解体が面倒なので、非組立式にしました。
全体のフォルムは、円形より強度の高い六角形にし、側面の防風性を高めるため7割程度をチタン壁で囲ってあります。
底面にはエアー供給穴を多数配置し、ストーブを置く床面への熱影響を軽減するため、底面を少し浮かしました。
高さは5.8cm、外径は110ガス缶と同じ9cmなので、チタンカップ400FDにピッタリ入ります。
固形燃料ストーブ
固形燃料を入れ、カップを載せてみると・・・
ULTiメタストーブ
安定感もあり、良い感じです♪

早速、固形燃料に火を付け、いろいろ試してみました。
湯沸しテストも行ってみました。

結果、250ccの水が5分半で沸騰し、燃料は13分強で燃え尽きました。
使用した固形燃料はニチネンの25gアルミ箔付きです。

実は最初100均で買った固形燃料(アルミ箔無し)を燃やしてみましたが、底面にロウのような燃えカスが残るため、アルミ箔付きを近所のホームセンターで入手しました。
なお、アルミ箔が被った(巻きついた)まま燃焼させると、細く長く燃えて湯沸しに時間が掛かるため、お盆のように広げています。

ガスより沸くまでの時間が少し長くなるものの、なかなかお手軽に湯を沸かせそうです。

次に風が吹いていても湯を沸かせるか、強風の屋外でテストしてみました。

結果7分で軽く沸騰するも、ぐつぐつと煮立つ程にはなりませんでした。
耐風性を高めたつもりですが、強風時には、さらに何かで風を遮った方が良さそうです。
念のため、予備の燃料を1個持って行くと安心!

そして、最後にプチ焚き火をやってみました。
燃料は、落ちてた小枝です。

焚き火は趣味の世界ですね♪
キャンプ地などで持て余した時間に、薪をくべながら炎を眺めて楽しむ。
これぞ大人の遊びといった感じです。
但し煙が出るので、混雑している山のテント場でこれをやったら、まさに煙たがられそうです。
でも道に迷ってビバークとなってしまった時などには、利用できそうです。

さて、今回の自作で最も重要なストーブ本体の重量は、超軽量の40gとなりました!
固形燃料湯沸しセット
そして気になる、固形燃料(メタ)を利用したメタストーブの湯沸しセットの重量は・・・
・チタンカップ400FD 50g
・メタストーブ    40g
・メタ(25g×2個)   50g
        合計 140g

ガスでは320gだったのが140gと半分以下に軽量化できました♪

私のスマホ(404SH)167gよりも軽くなったので、これでどんな山にも持って行けそうです。
皆様にも是非使って頂きたく、少量ですが複数個作りましたので、近日発売致します^^

<追記>
オンラインショップでの販売を開始しました!!

 

山専用メタストーブ作ってみました!


Post navigation