2015年7月18日(土)~7月20日(月)
扇沢から入山し、爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳を経て遠見尾根から下山する2泊3日のテント泊縦走に行って来ました。

鹿島槍五竜地図

7月18日(土)
AM5:00黒部立山アルペンルートの玄関口である扇沢に到着するも小雨が降るあいにくの天気。
午後に掛けて雨脚が弱まる予報を信じて仮眠するも、変化がないまま小雨の中AM9:30に出発。
柏原新道の登山口では係員二名の方が登山届の受付をしていましたが、前日にコンパスから提出していたので、その旨を伝え入山しました。

柏原新道は良く整備された登山道で、程よい斜度に危険な箇所もなく順調に高度を上げて行きます。
道中ガスの切れ間から岩小屋沢岳の稜線を望むことができ、カッパの中が湿りながらも気持ちが高まります。
上部の沢トラバース部にはまだ雪渓が残っおり、危険を感じる程ではありませんが慎重に通過。
4時間弱で種池山荘に到着しました。

山荘前のベンチでおにぎり2個を頬張りますが、稜線上に出てから小雨混じりの強風にさらされ長居する気になれずすぐに出発。
爺ヶ岳への登りは冷たい横風に押されながらの苦行でした。
爺ヶ岳山頂は風雨が強くガスにより展望ゼロ。
写真を一枚だけ撮り、そそくさと冷池山荘へ下ります。


冷池山荘に到着するとテン場の受付と水を購入し、10分程上にあるテン場に移動。
尾根上にある開けた場所なので、強風の中テントを飛ばされないよう設営します。
テントの中で着替え、ラーメンを食べてコーヒーを沸かせばやっとリラックスタイム。
マットに横たわりまったり体を休めていると、近くで設営している物音が。
10~20分くらい強風と格闘している様子が伺えるので、顔を出して覗いてみると、若者がポールまで組み上げたインナーテントを両手で必死に抑え、成す術がない状態。
助っ人を申し出ると「いいんですか?お願いします!」と、カッパを羽織り外に出て、フライ・ガイラインの設置までお手伝いしました。
その後は風雨でばたつくテントの中、シュラフに入り地図を眺めながら翌日の行程を確認しつつ眠りに就きました。

 

7月19日(日)
昨日の予報では曇り時々晴れのはずが、朝目覚めると昨日と変わらない雨風。
一応準備を始めるも、一日停滞するか悩みます。
今日の予定はテン場のある五竜山荘まで8時間以上。
最悪中間のキレット小屋泊まりとし、意を決して出発。

歩き出すと風はさほどでもないな、と思ったのもつかの間。
鹿島槍の登りに差し掛かると横風が激しさを増してきました。
フードに当たる雨粒の音を聞きながら、ガレた九十九折の登山道を必死に登ると山頂に到着。
もちろんガスで景色は見えないので、写真だけ撮り八峰キレットめざし下降。
DSC_0084
急な岩場を慎重に下っているといつの間にか雨は上がっており、時折ガスの合間から青空が見えるようになりました。
そしてキレットに近づくと、ほんの一瞬進行方向に高くそびえる五竜岳の雄姿が。
歩いている尾根の先もはっきり見えるようになると、足取りも軽くなり、あっという間に八峰キレットに着きました。
キレットは道幅は狭く切り立った崖になっているため高度感があるものの、足場は悪くなくしっかり鎖も付いており、また距離も短いので転落の危険は少ないと感じました。
ただ、もし反対側から人が来たらすれ違う場所がなく、大渋滞になるであろうと思われます。
DSC_0086
はしごを登り降りするとキレット小屋に到着です。
この時点で天候・時間・体力ともに問題なく五竜山荘まで進むことを即断し、キレット小屋唯一のランチメニュー=カップ麺でエネルギーを補給しました。
そして小屋から出てみるとかなりガスが晴れ、剣まで見渡せるようになっていました。
DSC_0091
テンションが一気に高まり、五竜岳を目指して出発。
快晴とは言えないものの黒部立山方面の眺めがよく、アップダウンを繰り返しながら気持ち良く五竜に近づいて行きます。
口ノ沢のコル、北尾根ノ頭で休憩を挟み、徐々に岩場の険しさも増してきます。
DSC_0096
G5、G4周辺の岩場が今回の核心部で、槍の穂先程度の難易度に感じました。
この頃から再びガスが湧き立ち、五竜本峰に近づくにつれ山容がわからなくなり、気力と体力が奪われます。
ガレた岩場の急斜面を落石を起こさないよう慎重に登り続けると、やっと山頂手前の分岐に到着です。
五竜山頂はここから3分、ガスで展望は期待できない中、ピークを踏むためスマホだけ持って往復してきました。
DSC_0099
キレット縦走者は少ないのですが、五竜山荘側からはぞくぞく人が上がって来ます。
雨が降り始めたのとテン場の空き具合に不安も出てきたので、早々に下山開始。
鎖付きの岩場の後、ザレたトラバース道をしばらく下って行くと、やがて五竜山荘に到着しました。

テン場は結構埋まっています。
急いで受付を済ませ場所探し。
段々テン場の中段になんとかソロテントを張れるスペースを発見するも、風を側面に受け寝ていると横方法に滑る向きの傾斜。
他に良い場所も無いので、仕方なくそこに決めて設営し、まったりタイムに入りました。

 

7月20日(月)
夜中の強風と傾斜で熟睡できないまま朝を迎えます。
当初の計画では、最終日は唐松まで行き八方尾根から下山する予定でしたが、昨夜の内に遠見尾根下山に変更することを決めていたので、明るくなるまでゆっくりシュラフの中で浅い眠りについていました。
周りの話し声も多くなったのでテントの扉を開き外を眺めると、なかなかの天気。
CIMG3139
大勢の登山者が山荘から五竜岳に向かっています。
CIMG3140
この山行で鹿島槍も五竜も全容をまだ見ることができていないので、ガスが晴れるのをまったりコーヒーをすすりながら待ちました。
CIMG3135
テン場からは立山方面の雄大な景色を正面に眺めることができます。
また持参したULTiトレックテーブルとULTiスクリーンテーブルも今回大活躍しました。
スクリーンは強風が吹いても、コックを少しだけ開いた弱火で充分湯が沸かせるので、先週和名倉山のテント泊で使用した使いかけのカートリッジでも2泊3日の自炊生活でもち、さらにまだ半分弱残っている感じです。
やはりテーブルはあると非常に便利です。
ジャリジャリの凸凹地面には、もうカップ類を置く気になれません。
倒れる不安もあるし、バーナーに載せる前に底面に付いた砂利を手で払うのも手が汚れますし。
また少し高さがあるので、フライ下部の隙間から吹き込む風雨の影響も受けにくいというメリットも大きく感じました。
ただ一つ難点を挙げるとするなら、軽すぎる故、風で飛んでいかないか不安で、使用中は常に何か載せておきました。
CIMG3136
五竜の山頂に少しガスは掛かっているものの、概ねその容姿が確認できたので、テントを畳んで撤収。
AM8:00五竜山荘のテン場を発ち、遠見尾根を下りました。
CIMG3155
遠見尾根は上部に鎖付の岩場が多少あるものの、全体的になだらかでのどかです。
下り始めると急に風がなくなり、気温も上昇します。
樹林帯に入る手前で五竜・雪渓・山荘を眺める最後の広場に到着。
CIMG3159
ここからアップダウンを繰り返しながら尾根上を下り、徐々に高度を下げて行きます。
途中雪渓を渡ったり雪渓上を下ったりしますが、傾斜は非常に緩いので危険はありません。
小遠見山まで下りると、突然多くの軽装ハイカーが現れます。
小遠見山から白馬五竜スキー場のゴンドラ駅まではしっかり整備されたハイキングコースでした。
ゴンドラは待ち時間なくすぐに乗ることができ、下部のエスカルプラザからは有難い事に、かみしろ駅まで無料のシャトルバスがあり、乗せて頂きました。
CIMG3163
大糸線で信濃大町まで向かい、そこから出発地である扇沢までバスで戻りました。CIMG3165
今回の山行はあまり天候に恵まれず、初日と二日目は辛い山歩きとなりましたが、後立山の主峰であり百名山でもある鹿島槍と五竜の2座のピークを予定通り踏めたので、よしとします。


鹿島槍ヶ岳&五竜岳(扇沢~爺ヶ岳~鹿島槍~八峰キレット~五竜~遠見尾根)


Post navigation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。