2016年5月24日
昨日は全国各地で30℃を超える真夏日となり、山では登山道の融雪も急速に進んでいますが、皆様は夏山への準備は順調に進んでいらっしゃいますでしょうか。
私は今年テントを新調し、消耗品類も着々と揃えつつありますが、まだまだ体力が不足しています。
夏のアルプス縦走に向け、1日あたり8時間を3日間連続で歩き通せる足を作るべく、冬に鈍りきった足に鞭を打っています。

さてこの度、以前からご要望の多かった「もう少し大きい山用テーブルが欲しい」とのご要望にお応えし、新型ULコンボテーブルを作りました。
そして、本日オンラインショップにて販売を開始します!
ULコンボテーブル製品案内
トレックスオンラインショップ

従来のテーブルは、クッカー2個が置けるソロ用のサイズでしたが、新作のULコンボテーブルは3個置けるよう、長さを31cmに延長しました。
一人で悠々使う・二人でも使える、テントに例えると2型のような存在です。
また簡単な調理が出来るようフラット部を設けながらも、テント泊登山に持って行けるよう、重量を118gに抑えています。
脚は従来通り、ご好評頂いている組立不要の超簡単「折りたたみ式」を採用。

そして大きな特徴は、縦長のスリムなフォルムです。
通常狭い山岳テントの中でシュラフを広げると、余ったスペースはシュラフの横または上下の細長いスペースになりますが、テーブルの奥行きが大きいと睡眠時に邪魔となり、場合によってはテーブルを片付けないと寝ることができません。
ULコンボテーブルは奥行きを13cmに抑えることで、ベッドサイドテーブルとしてもお使い頂ける、まさに登山に最適なデザインとなっています。

あったら便利「=必須装備ではない」アイテムだからこそ、とことん軽量性と使いやすさにこだわった製品に仕上げました。
テント泊はもちろん日帰り登山のランチタイムにも、「食」のクオリティアップに是非ご利用下さい。

 

ワイドなULコンボテーブル完成


Post navigation